別府大学夏期集中講義


大学の非常勤講師として、取材マンガの講義・・というかワーク・ショップを務めて来ました。
大分県別府市にある別府大学。去年から文学部芸術文化学科の中にマンガアニメーションコースという専科が設置されました。
まだ生徒数も少ないですが、四年間という期間があるので、いろいろな可能性が考えられます。
今回は7月19日(火)〜7月21日(木)。猛暑の三日間でしたが、学生さんはよく付き合ってくれました。
ただ連続三日というのは、マンガ制作にはいかにも短い。う〜ん

ぶっつけ連続三日間の講義ということで教材もしっかり用意しました。
一つの取材メモから〔イラストマップ〕・〔見開きイラストルポ〕 ・〔ショートストーリールポ(2P)〕の三種類の作品の描き分けを実践するというものです。
取材地は大学から徒歩15分程度の「鉄輪(かんなわ)温泉」!!
いわゆる《地獄地帯》の麓にあるちょっと斜陽な、でも由緒ある温泉街です。


なんと温泉冷却装置

大衆演劇の殿堂・ヤングセンター

公営浴場も数多い

「むし湯」の石室を覗く

家庭でも食べるというだんご汁

地獄蒸し豚まんを食す

猛暑の中でもこの湯煙

温泉組合長さんにもお話をうかがう

冬は「貸間」で自炊しようかな
to be continued

back to NEWS_MENU